2009年09月06日

2009.09.06 1700-2100枠打

今日からテニスのカテゴリをつくって、記録とか反省とかしようと思います。

今日はちょっと遅れていったので、アップのショートラリーをしませんでした。
あと、左手をけがしてて、バックハンドを片手でやることになりました。
調子は普通。でも、ちょっと人数が多かったので、あんまり叩き込んで打ってません。

そしてゲーム。
じゃんけんはがんばったので、パートナーにはT岡さんに組んでいただけました。守備範囲の広い変幻自在の殺意、悪意のこもったボレーと、えげつないサーブ、キレまくりのストロークを持ったサウスポーの方です。
僕はサーブを入れるだけで、ポイントになります。
T岡さんはかなりセンターにポジションを取るんですが、それでもパスされない守備力があるのでリターンはクロスに打つしかない。
でも、僕はフォアハンドをたたきこむ。そんな感じです。
6-2か、7-1くらいで終わりました。(8ゲーム消化)

2試合目。
パートナーはY田さん。
ボレーよりのオールラウンダー。どちらかというとゲームでは球威よりコントロールと回転なのかな?
えげつないドロップボレーをする人。この人もめちゃめちゃうまい。

このゲームはなぜか男ダブ対女ダブでした。
ここでもやっぱりサーブ入れるとポイントが決まる。ありがたい。
しかし課題はボレーにあった…
ボレーの処理がよくない。
走らされてフォローした球が浮いてて、それをしばかれる。
走る意味ない。
これも6-2か7-1くらいで勝てました。一応ガチのサーブとストロークはしませんでした。

3試合目
またY田さんが僕と組んでくれました。
今度は男ダブ対決です。
僕のサーブゲームはやっぱり入るか入らないかにかかっていて、叩き込まなくても回転かけてコースつけば、ボレーで勝負つけてくれます。
これは本当にありがたい。
時々僕の方まで厳しいリターンが来ますが、後ろから叩き込んであげるか、つないでおけば無理せずにポイントが取れました。
出来れば打ち込んでポイント欲しいのですが、Y田さんからのアドバイス「打ち込むのは体勢がいい時にして、時間稼げるボールも使った方がいいよ」を実践していました。
つなぎのテニスは、相手のミス待ちみたいな感じで、あまり好きじゃないんですが、つなぎボールのレベルを上げる必要があるなと思いました。
あとボレー。
自分よりうまい人がパートナーだと特にですけど、手を出す気がなくなる。任せといたほうが固いや、みたいな。
よくないですね。自信をもって積極的に出ないと、いつまでたってもうまくなりません。
4-4でした。

・いさこはボレーヤーと組むと、最大限の効果を発揮しますね。
後ろから叩き込んだ球の後始末をボレーヤーがバチコンとする。これも楽しいです。
・うまい人と組むとプレッシャーが大きい。
自分が試合壊さないようにすげー気を遣う。

とりあえずこんな感じで記録していこうっと。


posted by ひのいさ at 01:23| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | テニス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。